ニコッとフリマのコツ その7

sponsored link

非課金でP物を手に入れる

まず、フリマが成立するのは自分と相手、双方の希望が一致した時です。決して自分だけの希望だけではありません。どんな人が自分の出せるアイテムを求めるのかを良く考えてみます。

非課金ということはこちらが出せる物はC物だけです。P物を出してC物がほしい人というのは、そのC物を持っていない課金者ということになります。

つまり、自分よりも新しく入った課金者です。C物は誰でも買えるので、持っていないのはそのアイテムが販売された後に登録した人だけです。

初期のころはCコインを貯めるのが大変だったので、時間の節約ということでフリマでC限定を手に入れていた人もいるかもしれませんが、今はコインも貯めやすく、C限定品の価格も下がり、また、販売期間も延びたのでそういう人はほとんどいません。

もちろん、例外もあり一時休止していたためにある時期のC物を持っていない人もいれば、たまたま手に入れたP物で古いC物を手に入れようとすることもあります。既に持っているアイテムでも、条件が良ければ交換用にC物と交換することもあります。

新しく入った人にとって、アイテムの販売時期が限られていて再販がないニコッとタウンでは、古いC物を手に入れるには最近のP物を出すのが最も手っ取り早い方法でもあります。

上記のことから、古いC物と新しいP物を交換するとういうことが双方の希望が一致する最善の手段ということになります。

古いC物がない

基本的には、買い溜めて寝かせるしかありません。最近はC物の質がガチャ、月限定共に価値が落ちてきていますが、1年程度待てばC限定品や青ガチャ目玉は白ガチャ普通品くらいと交換できるようになります。もっと長い期間待てば、現Pや直近のP限定と交換できることがあります。

そんなに待てない

少しづつ昔のアイテムに替えて行きます。最近のもの2つを出してそれより少し前の物を手に入れる。それより前の物を2つ手に入れたら、さらにそれより前の物を手に入れる。この繰り返しです。

もっと楽な方法がいい

ガチャのフリマ解禁初日などを狙います。新しいガチャが出てすぐに目玉を出していることが条件です。アイテムは古いものほど価値がありますが、ガチャの解禁日などはそれをすぐにほしい人がいるため、一時的に需要が増しますので、そこを狙います。

最近の青ニコガチャは目玉も出やすく、質もあまり良くないためフリマ解禁日に持っていない、どうしてもほしいという人はあまりいないので昔ほどこの作戦は効果的でないかもしれません。

その他の補足

セット服は意外と使いにくい?

アイテムの相場は基本的にはセット服>小物です。例えば、バニーガールやおり姫、旧セーラーなどは同時期のいちごのかごやちょうちょの羽などの小物よりも当然価値があります。

でも、バニーガールなどを出品してP物を複数求めてもあまり応募が来ません。過去P限定物を複数出してフル応募してくる人はあまりいないのです。価値があるということは、その求めに応じられる人も少なくなるため、応募自体も減るのです。

いちごのかごなどの小物同士の交換は、1:1や2,3点の交換が主のため応募が来易いです。

セット服はガチャ目玉などと交換するのに向くかもしれません。

季節物はその季節の前に価値が高騰します

ニコッとタウンも2周年くらいから顕著になった傾向です。去年より前の同時期の物が求められやすいようです。

ウエディング前のウエディングベルなどのアイテム、七夕前のおり姫などです。

現実世界もそうですが、ピークシーズン中は需要が多いので値段設定が高くなります。

1本釣り

欲しいものは1本釣りが効果的です。求め品1点だけを書くと、1点だと即決、1対1と相手に受け取ってもらえます。

即決だとやはり通常よりも応募が来ることが多いです。たくさんの応募の中から一番良いものを選ぼうとする出品よりも、求め品で確実に成立できて手軽な物を選ぶ人は多いのです。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。